製品ソリューション

製品・サービス利用の定着化

シームレスなユーザーエクスペリエンスを創出することで、製品・サービス利用の定着化をごく短時間で実現し、顧客維持率を押し上げることができます。

product adoption
user journeys

ユーザーの行動を可視化

高度なアナリティクスを活用して、どこでユーザーが苦戦しているかを理解した上で、データドリブンな変更を実装することができます。

digital experiences

製品・サービス利用の完全な定着化を確保

パーソナライズされたユーザーエクスペリエンスを創出することにより、「ユーザーが素早くオンボーディングを済ませ、製品・サービス利用に完全に定着化する状況」を確保することができます。

customer retention

売上拡大と顧客維持を促進

導入初日からシームレスなユーザーエクスペリエンスを創出することにより、顧客ロイヤルティを構築し、解約率を削減することができます。

仕組み

シームレスなカスタマーエクスペリエンスのためのノーコード型ソリューション

WalkMeのデジタルアダプションプラットフォームを活用すると、カスタマージャーニーを測定・分析・最適化することで、製品・サービス利用のユーザー定着化を確実に実現できます。

課題

最終利益を 大幅向上させるために 顧客維持率を高める必要性

製品・サービス利用の価値を実現しないままで離れていく顧客は少なくありません。顧客維持率がわずか5%向上するだけで、利益は25~29%も増大する可能性があります。デジタルアダプションを通じて導入初日から製品・サービス利用の定着化を確保し、ロイヤルティの高い顧客層を開発することにより、売上を拡大することができます。

product adoption graph
IBM logo

IBM社はWalkMeを活用して、デジタル製品オファリングの定着化を促進し、顧客維持率を大幅に向上させています。

300%

製品利用と顧客維持の改善率

80%

デジタルオファリングの売上拡大率

6倍

製品定着化の増加率

WalkMeの効果はすぐに表れました。何よりもまず、早い段階でユーザー定着化を改善することができ、その結果、ユーザー維持率は6倍に、トライアルからサブスクリプションへのコンバージョン率は4倍に向上したのです。

ニランジャン・アッディア(Nilanjan Adhya)

IBM、最高デジタル責任者
Session Stream & Session Playback
当社のソリューション

格別の製品エクスペリエンスにより、価値実現を促進

まず、WalkMeの自動化されたInsightsダッシュボードで、ユーザーがつまずいている場所と理由を理解します。その上で、コードを使わずにタスクを自動化し、ユーザーにガイダンスやエンゲージメントを提供することにより、モバイル環境とデスクップ環境の両方で格別の製品エクスペリエンスを創出します。シームレスなユーザーエクスペリエンスを創出して顧客ロイヤルティの構築や解約率の低減を図ることで、「顧客ロイヤルティの強化」や「アップセル/クロスセル機会の拡大」の道が開かれます。

製品・サービス利用の定着化の関連情報
ImageBank08.jpg

ジャーニーマップを使って製品定着率を大幅に高める

ジャーニーマップは、製品定着率やカスタマーエクスペリエンス全体を改善しようとしている全ての人にとって有用なツールです。

記事を読む(英語) arrow
ImageBank12.jpg

IBM社、WalkMeでカスタマーエクスペリエンスを改善

IBM社は自社製品全体にわたって顧客の幸せとエンゲージメントを維持するために、デジタルエクスペリエンスを大切に育てています。

記事を読む(英語) arrow
ImageBank15.jpg

顧客の期待に応えるために革新的なエクスペリエンスを創出

企業が競争力を維持するためには、的確でポジティブなエクスペリエンスを顧客に提供する必要があります。

記事を読む(英語) arrow