従業員ソリューション

従業員トレーニング

WalkMeのデジタルアダプションプラットフォームなら、従業員の学習方法や変化/変更への適応方法を再発明しながら、ハイブリッド型の労働環境や俊敏な労働力をサポートすることができます。

Employee Training
digital workplace

利用文脈に即したトレーニングを提供

利用文脈に即したセルフサービス型のサポートを従業員に提供し、対面トレーニングの必要性を無くすことができます。

employee support

学習曲線に関する課題を克服

タスクに特化したトレーニングにより、活用能力の獲得やプロセスの完了にかかる時間を短縮できます。

user journeys

ソフトウェアの利用状況を可視化

利用状況や習熟度をモニタリングし、従業員が苦戦している課題点を洗い出した上で、課題に特化したサポートを提供することができます。

仕組み

ユーザー定着化を変革することで、ビジネス価値を解放

“従業員のスキル/パフォーマンス/生産性を改善するために設計された全てのタイプの学習/能力開発イニシアチブ” におけるトレーニングエクスペリエンスを管理することができます。

課題

変化が常態化している状況下で、 従業員の生産性を向上させる 必要性

70%の従業員は、自身の職務で成功するために必要なスキルを自分は持ち合わせていない、と述べています。効果的な学習プロセスを開発する取り組みは、急激な変化に直面したときに難題と化す恐れがあります。

Product Adoption
Hitachi logo

Hitachi Vantara社はWalkMeを活用して、テクノロジースタック全体にわたり営業部門の生産性を大幅に向上させています。

86%

トレーニング時間の削減率

88%

デジタル営業ツール定着度の向上率

7+

デジタル営業ツール定着度の向上率

WalkMeの真の価値は、全組織規模のチェンジマネジメントソリューションのように複数のアプリケーションにまたがって作業できる点にあります。当社では各種ツールにおける投資効果をすぐに確認できています。

ジェフ・マッキトリック(Jeff McKittrick)

Hitachi Vantara、セールスビジネス能力担当バイスプレジデントの前任者
employee experience
当社のソリューション

ビジネス目標を達成するための 俊敏な労働力をサポート

WalkMeのデジタルアダプションプラットフォームなら、テクノロジースタック全体にわたり継続的なトレーニングでユーザーの活用能力向上を加速することにより、ビジネス目標の達成を促進できます。

従業員トレーニングのためのWalkMeの関連情報
ImageBank02.jpg

ソフトウェア習得における最も一般的な課題をDAPで解決

新しいソフトウェアを導入する際は常に従業員トレーニングが課題となりますが、その解決策がここにあります。

記事を読む(英語) arrow
ImageBank10.jpg

従業員トレーニング完全ガイド

このガイドでは従業員トレーニングを詳しく取り上げ、従業員トレーニングの歴史、メリット、様々なタイプなどを掘り下げていきます。

記事を読む(英語) arrow
ImageBank15.jpg

トレーニング時間を60%削減

調査会社グループForresterのレポートによると、WalkMeを利用している企業は従業員トレーニングを最適化および効率化することができています。

記事を読む(英語) arrow