従業員ソリューション

事業継続性

WalkMeなら、「従業員が生産性と従事意欲にあふれ、顧客が満足しており、経営幹部が事業生産性を完全に可視化できている状態」を確保することにより、事業継続性を維持管理できます。

Business Continuity
product adoption

WalkMe DAPで#WFHまたは#WFOを強化

オフィス勤務(WFO)か在宅勤務(WFH)かに関係なく、従業員が適切な情報提供やエンゲージメントを受け続けるために必要な情報や、職務を完遂するために必要な情報が何であるかを明らかにすることができます。

digital workplace

顧客継続性を確保

優れたデジタルエクスペリエンスを顧客に提供し続けながら、セルフサービス型のサポートも簡単に利用できるようにすることで、顧客への価値提供と、売上の維持(ひいては拡大)を促進することができます。

IT support

あらゆる場所で、トランスフォーメーションを推進

「従業員が職務遂行に必要なデジタルツールをフル活用できている状態」と、「顧客が優れたデジタルエクスペリエンスを得るために必要なデジタルツールをフル活用できている状態」を確保することにより、売上の維持および拡大を促進することができます。

仕組み

顧客や従業員がどこに居るかに関係なく、適切なエンゲージメントと情報提供を実行

従業員や顧客が必要な情報や支援に必要なタイミングで簡単にアクセスできるようにすることにより、デジタルアダプション戦略を拡張することができます。

課題

混迷の時代に 顧客継続性を管理する 必要性

混迷の時代に成功している企業・組織は、「新しい課題に素早く適応しながら、顧客や従業員のために事業継続性を維持管理できる能力」が際立っています。

customer continuity
Christus Health

Christus Health社はWalkMeを活用して、ソフトウェアのロールアウトと同時並行で数千名の従業員をオンボーディングしています。

300

月間サポートコール件数の減少数

20+

WalkMeを活用中のアプリケーション数

100万ドル

月々の支払結果の改善額

WalkMeは当社の学習ランドスケープを変革しました。以前は常に、もっと事後対応的な方法で学習に臨まなければなりませんでしたが、今ではシステムや新製品(の導入・開発)と並行して学習を展開することができています。

トビアス・ワシントン(Tobias Washington)

Christus Health、デザイン&テクノロジー部門、学習エクスペリエンス担当ディレクター
bridge WFH gap
当社のソリューション

従業員や顧客がどこに居るかに関係なく、デジタル資産の価値を完全に実現し、 トランスフォーメーションを推進

混迷の時代であっても普段通りのビジネスを維持し、より大きな機会を追求していくためには、ソフトウェアへの投資が極めて重要です。WalkMeを活用すると、「従業員が職務遂行に必要なデジタルツールをフル活用できている状態」と、「顧客が優れたデジタルエクスペリエンスを得るために必要なデジタルツールをフル活用できている状態」を確保することにより、売上の維持および拡大を促進することができます。

事業継続性のためのWalkMeの関連情報
ImageBank05.jpg

事業継続性に関するWalkMeの重要ポイント、トップ5

混迷に直面しても繁栄するためには何が必要なのでしょう?デジタルトランスフォーメーションを障害物ではなく利点と考えて取り組むこことが重要です。

記事を読む(英語) arrow
ImageBank13.jpg

将来を見据えたCIOに求められること

今日の指数関数的に増大する課題と闘うために昨日の直線的なビジネスソリューションを使ってはなりません。WalkMeで取り組む方法をぜひご確認ください。

記事を読む(英語) arrow
ImageBank17.jpg

事業の将来性を担保する21の方法

前途に横わたっているかもしれない事態について計画を立てる際は、「組織がその事態の基盤要素の全てをカバーしている状態」を確保するべきです。ここでは、あらゆる事態に備える方法を紹介します。

記事を読む(英語) arrow