テクノロジーの価値を最大化し真のデジタル変革を加速する

 

デジタルツールの活用が進まない背景には、マニュアルやFAQが有効に機能していない現実があります。結果「使用を断念する」「入力がいい加減になる」人もいるとなると、不正確なデータ入力がデータ経営に与える影響が懸念されます。

ユーザーが求めているのは、本当にマニュアルやFAQなのでしょうか。オフィスワークとリモートワークを組み合わせたハイブリッド勤務が常態化するなかで、ユーザーはどんなサポートを必要としているのでしょうか。

WalkMeと日経 BPコンサルティングは 2022年、デジタルツールの利用状況に関する調査を実施。その結果から、企業のデジタル化への取り組みを成果につなげるためのヒントが見えてきました。本ホワイトペーパーでは、調査結果に基づいて「誰一人取り残さない」新しい運用サポートのあり方を探ると共に、先進企業で導入が進むデジタルアダプションプラットフォーム(DAP)についてもご紹介しています。

「デジタルツールの利用状況調査レポート2023」

01 「デジタルツール活用」の重要性
02 デジタルツールの定着化に「壁」
03 社員の課題感と運用サポートに「ズレ」
04 ハイブリッド勤務の常態化でますます「取り残される」不安も
05 先進企業で導入が進む「DAP」
06 グローバルでDAP市場をリードする「WalkMe」

デジタルツールの利用状況
調査レポート2023

ご入力いただいた個人情報はWalkMe株式会社規定の個人情報保護基本方針に基づきお取り扱いいたします。
弊社個人情報保護基本方針ならびに個人情報の取扱いについてをご確認いただき、ご同意の上、ご登録いただきますようお願いいたします。
■ WalkMe株式会社 個人情報保護基本方針

loading

 
 

資料ダウンロードいただき、ありがとうございます。

別ウィンドウ上でご覧になれない場合は、こちらをご確認くだいさい。

 
その他、DAP関連資料・ブログはこちらから