デジタルツール利用状況調査から読み解く

テレワークを成功に導く4つのデジタルアダプション

 

コロナウィルスの影響で、世界中でテレワークが加速されています。
日本も例外ではなく、首都圏を中心に在宅勤務を導入する企業が増えています。この記事をお読みいただいている皆様の会社でも、一部または全体で、在宅勤務が導入されているかもしれません。

では急激に進む働き方の変化に、企業で働く従業員はどのような反応を見せているのでしょうか。

 

WalkMeは日経BPコンサルティングと、テレワークを経験したビジネスパーソンがテレワークに対しどのような評価を持っているのかについてアンケート調査を行いました。

結果として興味深かったのは、テレワークでの効率性や働き方の満足度に、デジタルツールを使いこなせているかどうかが影響を与えている点です。

 

オフィスで仕事をしているときには当たり前にされていた、ちょっとした確認や質問は、姿が見えないテレワーク環境では気軽にしづらい場合があります。ほとんどすべてのことをシステム経由で行うことになるテレワーク環境ではこれが業務の効率性やストレス度合に大きく影響するようです。

 

 

出典:「テレワークを成功に導く4つのデジタルアダプション」(WalkMe/日経BPコンサルティング)

 

調査の結果から、テレワーク環境に対し、デジタルツールを使い慣れている人ほど、テレワークに対してプラスの評価を持っており、逆に使い慣れていない人ほどマイナスの評価を持っている人が多いことが見て取れます。

誰でも同じように最初からデジタルツール、つまりオンラインでのシステムを使いこなせる環境を用意すること、すなわちデジタルアダプションの推進が、テレワークやデジタルトランスフォーメーションを成功させるカギとなります。

 

ポイントは4つ。

● 迷ったときにリアルタイムに解決できる手段を用意すること

● 操作はできるだけ自動化して、入力を最小限にすること

● データ入力にミスとストレスをなくすため補助すること

● 操作になれていないユーザーを見つけプロアクティブにサポートすること

 

WalkMeは上記のポイントすべてを、Webアプリケーションの画面上にナビゲーションやガイド、操作のオートメーションを実装するデジタルアダプションソリューションを提供しています。
WalkMeのデジタルアダプション

※ 調査レポートの全文はこちらからダウンロードしていただけます。

テレワークを成功に導く4つのデジタルアダプション

Share