デジタルアダプションプラットフォーム(DAP)とは、ソフトウェア、ウェブサイト、アプリなどのユーザーエクスペリエンスを簡素化・自動化することで、ユーザーがスムーズに使えるようにするために設計されたソフトウェアプラットフォームです。

デジタルアダプションプラットフォームは、デジタルトランスフォーメーションを成功させ、ソフトウェア投資のROIを向上させることを目的としています。

 

刻々と変化する今日のデジタル環境では、新しい技術やビジネス手法がどんどん導入されますが、複雑で使いづらいソフトウェアは、ユーザーを疲れさせ、不満の蓄積やパフォーマンスの低下などの悪影響を引き起こします。デジタルアダプションプラットフォームは、このような悪影響を排除し、デジタル変革を効率化するためのものです。

 

デジタルアダプションプラットフォームは、ニーズに合わせてカスタマイズすることができます。AIと機械学習を用いてニーズをデータから読み取ることで、ユーザーが必要とするガイダンスや機能がどれなのかを提示してくれます。

 

デジタルアダプションプラットフォームが提供する機能には以下のようなものがあります。

  • 従業員や顧客のオンボーディング(業務開始までに必要な学習)の自動化
  • アプリケーション内でのソフトウェアのトレーニング提供
  • アプリケーション内でのガイダンスの提供
  • アプリケーション利用状況に関するデータの収集とインサイトの提供
  • ユーザーの課題を解決するための積極的なサポートの提供

 

デジタルアダプションプラットフォームを導入することで、以下のような多くのメリットが得られます。

  • オンボーディングにかかる時間の短縮
  • ITサポートの負担軽減
  • 新しいソフトウェア技術に対するユーザーの抵抗感の軽減
  • ユーザー満足度の向上、モラルの向上

 

デジタルアダプションプラットフォーム(DAP)は、ソフトウェアの導入後、想定したようにはユーザーに使われないといった状況が起きたとき、何が機能していて、何が機能していないのかを判別し、そしてその理由をインサイトとして提示します。

WalkMeのデジタルアダプションプラットフォームは、対象とするアプリケーションとは独立して動作するため、アプリケーションが動作するプラットフォームの種類には依存しません。どのようなソフトウェアやテクノロジーの上でも、どのような職場環境でも使用することができます。


参考:

デジタルアダプションとは

WalkMe のイベント・セミナーのご案内

Share